なお今回の投稿では、「Windows 10」のタスクバーに表示するアプリとして、「Microsoft Edge」の項目を選択することをご了承ください。

Windows10のアプリケーション・ショートカットアイコンは、デフォルトで用意されているものの他にもインターネット上で入手した画像・自作の画像に変更することができます。この記事では、Windows10のアイコンを変更する方法を紹介しています。 Windows10のパソコンで、タスクバーにあるアイコンのサイズを大きく変更する方法を案内しております。タスクバーのアイコンのサイズを大きく変更すると、「タスクバーの幅」も変更され、タスクバーにある「アイコン」と「時計」の大きさも変更されます。 いつも使っているWindowsですから、デスクトップの壁紙を変更している人も多いかと思います。でも、壁紙を変更すると、アイコンが壁紙のテイストと異なって、しっくりこないときもあります。 そんな時にはデスクトップアイコンを変更したくなります。 Windows 10のタスクバーを使いやすくするカスタマイズ方法を紹介する。タスクバーをカスタマイズすることで、Windows 10の使い勝手を向上させよう。 (2) 注:アプリによっては「Windows 10」のタスクバーにアイコンを表示できない場合があります. Windows10 のタスクバーの通知領域に表示するアイコンを選択(設定)する方法を紹介します。 タスクバーの右の方にある「通知領域」にはさまざまなアイコンが表示されています。 タスク バーを使用すると、アプリの表示や時間の確認だけでなく、さまざまなことができます。タスク バーは、色やサイズの変更、 お気に入りのアプリのピン留め、画面上での移動、タスク バー ボタンの配置やサイズの変更など、さまざまな方法でカスタマイズできます。 ウィンドウズ10で、幅が広がって太くなってしまったタスクバーを、元のように細く狭くしたいときの方法です。タスクバーをドラッグして狭くする画像のように、タスクバーが太くなってしまったときは、タスクバーの何もないところで右クリックします。 Windows 10ではデスクトップに表示するアイコンを色々と調整することが可能です。 スッキリと何もないデスクトップが好きな人もいるでしょうし、よく使うアイコンがデスクトップに表示されていると一番アクセスが容易、というのもまた事実です。 Windows 10のタスクバーに表示されるアイコンは、常に状態を確認したいアプリだけにしておくと便利になります。ここでは「April 2018 Update」が適用されたWindows 10を例に、「通知領域」のカスタマイズ方法を解説しましょう。

Windows10 でタスクバーの位置やサイズを変更する方法を紹介します。タスクバーを上下左右の好きな位置に移動できます。タスクバーのサイズやアイコンのサイズも変更できます。 Windows 10 のタスクバーのアイコンの大きさを変更するには、タスクバーの設定で「小さいタスク バーボタンを使う」を操作します。アイコンを大きくする場合は「オン」小さくする場合は「 … Windows 10 の画面の文字やアイコンが小さくて見づらい場合は、文字だけを大きくするなど別々に設定する方法と、画面全体の表示倍率上げて見やすくする方法があります。設定は再起動しても有効なので常に見やすい状態で利用できます。 Windows 10のタスクバーを使いやすくするカスタマイズ方法を紹介する。タスクバーをカスタマイズすることで、Windows 10の使い勝手を向上させよう。 便利ではありますが、このタスクバーのアイコンが小さくて見にくいとお悩みでしょうか?目があまり良くない方やお年寄りの方だと小さすぎて見えないという要望もあるでしょう。 Windows10 はタスクバーのアイコンを大きくする方法も用意されています。 タスクバーにアイコンを登録する方法として、マウスでドラッグする方法とスタートメニューからピン留めする方法の2つの方法で登録しました。便利な機能なのでぜひ試してみて下さい! 以上、Windows10でタスクバーにアイコンを登録・削除する方法でした。 デスクトップ. Windows10 のデスクトップやタスクバーに「デスクトップの表示」アイコンを作る方法について紹介します。 Windows10 ではもともと、タスクバーの右端をクリックするとデスクトップを表示できる「デスクトップ表示」ボタンがありますが、小さくてほとんど見えません。