クロス集計とは、アンケートを実施することで得られたデータを、設問をかけ合わせてつくるグラフのことです。クロス集計やピボットテーブルの内容や相性とともに、表やグラフの作成方法を解説します。クロス集計を駆使して、アンケート結果をきれいにまとめましょう。

クロス集計のように複雑な集計には「ピボットテーブル」を使うと便利。複数条件によるデータ分析も簡単です。 (サンプルファイルは、こちらから 中級技29回サンプルデータ) 表をテーブルに変換して表記ゆれを探す クロス集計表を作ってみよう」についてのページです。統計webの「統計学の時間」では、統計学の基礎から応用までを丁寧に解説しています。大学で学ぶ統計学の基礎レベルである統計検定2級の範囲をほぼ全てカバーする内容となっています。 モザイク図は、クロス集計表の表側のカテゴリーごとに積み上げ100%の縦棒グラフを作成し、さらに、横幅を表側の各カテゴリーの度数の合計に比例するようにしたグラフです。そのため、クロス集計表の各セルに対応した四角形の面積は、各セルの度数に比例した大きさになります。 統計学の「2-1. 図3 横棒グラフ(ma設問の単純集計結果を可視化/値降順で並べ替え) また、単純集計結果だけではなく、クロス集計結果も合わせて数値を確認したい場合には、図4のように縦棒グラフに数表を付加することをお勧めします。 毎日のように上がってくる売上データ。ただ眺めているだけでは、何がどのように売れているのか、何と何の売上に相関性があるのかなど、さっぱりわかりませんよね。 そういう時は、クロス集計と呼ばれる手法を用いて、業務データを解析してみましょう。 今回はExcelで「クロス集計」を実現する関数の組み合わせについて解説します。 【エクセル時短】 は「少しでも早く仕事を終わらせたい! 」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 モザイク図. ピボットテーブルで複雑な集計 . Excel(エクセル)で円グラフを作成するための基本的な考え方を整理します。円グラフの作り方や、パーセンテージで内訳を表示するデータラベルの挿入方法、補助円グラフの作成方法などを解説。わかりやすい円グラフで資料をランクアップさせましょう! エクセルグラフの特徴や基本的な作成・編集の方法のほか、複数のグラフを複合させる応用手順を画像を用いて解説します。この記事を読み終える頃には、グラフ作成のプロになれるかもしれません。ぜひお読みください!