カージナルテトラはカラシン目カラシン科に属する淡水魚です。 カージナルテトラは、アクアリウムで飼育される熱帯魚の中でも特に人気がある種類です。赤と青の鮮やかな体色は水草水槽に良く映え、飼育も簡単で初心者にもおすすめできます。カージナルテトラの飼育、繁殖や、かかりやすい病気、おすすめの混泳魚などを紹介します。

カージナルテトラはカラシン目カラシン科に属する熱帯魚で、青のラインと赤のラインが色鮮やか。温和な性格なため他の熱帯魚との混泳も問題なく、また群れで泳ぐととても印象的な熱帯魚です。初心者でも簡単に飼育できるカージナルテトラについて解説します。 熱帯魚飼育初心者でもカージナルテトラを上手に飼育できる方法をご紹介。カージナルテトラ飼育で気を付けたい飼育数・水温管理・餌の量などを解りやすく解説しています。 レインボーテトラは、南米のコロンビアに生息しているカラシン目カラシン科ネマトブリコン属の熱帯魚で、腹びれと尾びれの外側の縁が薄い青色になっており、体の黒いラインの上に青い光沢を持っています。レインボーテトラの特徴や飼い方について知りたい方はぜひ読んでみて下さい! ネオンテトラは人気がありメジャーな熱帯魚ですが、飼育するときに気を付けるべき病気があります。ネオンテトラはどんな病気になるのか、そして病気になったときにどの様な対処を行えば良いのか。今回はネオンテトラの注意すべき病気について紹介します。 昨日、90cm水槽の生体をまじまじ観察していた時のこと。一匹のカージナルテトラに異変を発見。なんかアゴ部分がボコッと飛び出している…よーく見ると、白い虫が見える!きゃ~~写真は閲覧注意な感じなので、つたないイラストで表現するとこんな感じ。ど
ネオンテトラやカージナルテトラなどテトラ系の熱帯魚や小型の熱帯魚特有の病気『ネオン病』。感染力もとても強く、発症したらほぼ死んでしまう恐ろしい病気ネオン病の症状・原因・治療法について詳しくみていきましょう。 カージナルテトラ、カーディナルテトラ(学名Paracheirodon axelrodi)は、カラシン目 カラシン科の熱帯魚。 アマゾン川上流域に分布する。 カージナルテトラは、青(メタリックブルー)いラインと赤い体が特徴的で、ネオンテトラと並ぶ小型テトラを代表する熱帯魚です。ブリード物のカージナルテトラは丈夫で飼育も簡単なので、熱帯魚飼育が初めての初心者にもおすすめです。 カージナルテトラは鮮やかな色彩と、丈夫で飼いやすいことから観賞魚として非常に人気の高い種類です。まずは、カージナルテトラとはどんな魚なのかを紹介していきます。 特徴.

カージナルテトラはカラシン目カラシン科に属する熱帯魚で、青のラインと赤のラインが色鮮やか。温和な性格なため他の熱帯魚との混泳も問題なく、また群れで泳ぐととても印象的な熱帯魚です。初心者でも簡単に飼育できるカージナルテトラについて解説します。 アクアリウムを始めたら、小型熱帯魚の群泳にはあこがれを抱くと思います。きれいな熱帯魚が、数十匹単位で一つの方向に向かっていく姿はとても迫力がありますよね!ここでは群泳する習性を持ち、群泳した時の姿が美しい小型熱帯魚を動画付きで一挙15種紹介していきます 小型カラシンの中でも非常に綺麗な発色を見せ、水槽内を色鮮やかに彩ってくれるカージナルテトラ。ネオンテトラに似ていますがこちらの方が非常に綺麗に発色します。そんな、カージナルテトラの飼育方法,餌,水温,混泳,飼い方などを紹介します。 カラシンといえば、「テトラ」の仲間があまりにも有名ですね。そのほかにも「ペンシル・フィッシュ」や「ハチェット」など魅力的な種類がいっぱい。今回は、数多いカラシンの中でも、おすすめのトップ20+1を紹介。また混泳できる種類についてもお話ししましょう。



ネオンテトラは混泳飼育を楽しめる熱帯魚の代表格ともいえる存在ですが、大人しい性格をしているので、混泳相手には注意が必要です。今回はそんなネオンテトラの混泳について一緒に飼育できる魚や混泳に不向きの魚、混泳のコツなどを紹介します。
テトラと言えば熱帯魚の代名詞とも言えるネオンテトラやカージナルテトラが有名です。アクアショップでは必ずと言っていいほど目にする種類ではないでしょうか。テトラを数十匹以上の群れで泳がせた時の迫力・美しさは大型魚にも引けを取りません。 レインボーテトラの特徴、寿命、性格、混泳、水質、病気、水槽サイズ、餌の与え方など飼い方のコツや注意点を解説。初心者の方には、おすすめ度や水草水槽の相性、価格も参考になります。飼育記録では購入時から成長する過程を写真でわかりやすく紹介します。