ピアノを発表会などでで演奏するときには、楽譜を暗譜することを求められますよね。 では、ピアノの楽譜を暗譜するにはどうしたらいいのでしょうか?その方法とは? また、暗譜はどうして必要なのでしょう?絶対に忘れない覚え方とはどんなの? 短い曲をどんどん覚えるトレーニングをする. というのは有効な方法のひとつです。 暗譜の練習にはどんな曲集がおすすめ? みなさん、ピアノの発表会や演奏会で舞台に立つと、緊張して暗譜が飛んでしまいそうになることはありませんか?「本番で緊張した時の5つの対処法」「ピアノの本番で緊張しない方法はあるのか?〜本番への準備編〜」の記事でもお伝えしましたが、本番で緊…


あなたは楽譜を読むのが得意ですか?それとも苦手でしょうか?クラシックピアノを学ぶ人にとって、譜読みの力(読譜力)はことのほか重要です。あなた(のお子さん)がちゃんと譜面を読めているかどうか、そのチェックポイントと、譜読みが苦手な人のための処方箋をお届けします。 暗譜が苦手な人へ。対策「短い曲をどんどん覚える」 暗譜が苦手な生徒さんに、いろんな対策を行いますが、その中で. ピアノの楽譜を所見でスラスラ弾くコツってあるのでしょうか?初見でピアノをスラスラ弾いている方を見ると凄いな~、そんな風になりたいな~と思って憧れの目で見てしまいますね。 で、どうしたら初心者でも初見でピアノをスラスラ弾けるのだろうかと思っています。