公認会計士の就職難は、平成27年現在、解消されています。しかし、業界のサイクルを考えると、難関試験を勝ち抜いた公認会計士といえども、その資格に安住することはできません。就職難解消の主な要因は2つ。今回は、この要因と今後の見通しについて解説します。 会計事務所は離職率が高いと言われています。 新卒者の3年以内の離職率は、753とされています。 753とは、中卒7割、高卒5割、大卒3割という意味です。 そうすると、大卒の平均的な年間の離職率は10%強になります。 ちなみに公認会計士の車の所有率ってどれくらいだと思いますか? 統計的な調査は行われていないので、正確な数字は不明ですが、周りの公認会計士の車の所有率を考えると、70%は超えていると思われま … 公認会計士試験の難易度や合格率は気になるものです。そこで公認会計士試験の難易度に触れながら合格率だけではなく「合格率、受験者数、合格者数の推移」を紹介します。 公認会計士業界は就職氷河期にあります。公認会計士試験合格者が監査法人で働きたいのは、公認会計士の資格を取得するために、「2年以上の実務経験」が必要だからです。就職難の背景には、合格者の供給過剰と需要の減少がありますが、中長期的には解消していくと見ています。 3.離職率の虚偽表示について 会計事務所の求人は、ある種、広告ですから、事実の通りとは限りません。 ホームページも、求人広告もあまりあてになりません。 離職率の情報も法人発表はいい加減なとこ … 大学生のうちに公認会計士資格を取得し、そのまま新卒で大手監査法人に入所したエリートのお話です。公認会計士資格取得までの勉強法、監査法人への就活状況、仕事内容について説明します。 公認会計士試験は「難易度が高い」というイメージをお持ちではないでしょうか?このページでは、最新の合格率情報をもとに、難易度が高いと言われる「理由」とその「実態」について、会話形式で分かりやすく徹底解説します。 公認会計士試験は「難易度が高い」というイメージをお持ちではないでしょうか?このページでは、最新の合格率情報をもとに、難易度が高いと言われる「理由」とその「実態」について、会話形式で分かりやすく徹底解説します。 公務員は雇用が安定しており、福利厚生などが手厚いことが一番の魅力です。民間企業と比較しても離職率の低さは圧倒的で、確実にキャリアを積むことができます。様々なデータを用いて公務員の離職者数や離職率などを詳細に解説します。 公認会計士の年齢別転職状況と求人を大公開! - 転職トピックス | 転職ノウハウに関するページ。転職するなら管理部門・士業特化型エージェントNo.1のMS-Japan。経理・財務、人事・総務、法務などのバックオフィス系職種や、会計事務所・監査法人、税理士、公認会計士、弁護士の大手か … 会計士の転職先として、日本ではまだ多くはないですが、フォレンジックをやりたいという方も少数派ではありますが、増えてきています。今回は、フォレンジック業務、会計士のフォレンジック分野への転職、フォレンジック分野を扱っている会社があるのかについて紹介します。 公認会計士試験のおすすめの専門学校・予備校 tac・大原を徹底比較 2018.10.08 2020.05.02 公認会計士試験・簿記検定におすすめ電卓