歯科医師を献身的に支える歯科衛生士だが、仕事への不満は多い。職場環境は「歯科医師個人の人柄に左右」。筆者には「歯科衛生士さんは清潔な女性の職場で働く知的な女性」という先入観があるのですが、斉藤理子さん(仮名、35歳)もそのイメージ通りの人で この記事では、 「歯科衛生士をやめたい… 」 という人に向けて、 『歯科衛生士を辞めたいと思う理由』や、『転職の方法』 などをお伝えしていきます! 歯科衛生士として働いている人の中には、このまま無理をしながら働き続けて良いのかと不安を感じる人もいるでしょう。

こんな人は一般就職せずに歯科医院でもいいかも. 歯科衛生士の資格を取って働き始めたけど、すぐに辞めたくなった、 3年は今の職場で働こうと思ったけど、1年くらいで辞めたい。 そんなふうに悩む歯科衛生士さんは少なくありません。 実際に70%以上の歯科衛生士が今の職場を辞めたいと思ったことがあるというアンケートもあるようです。 歯科衛生士を辞めたい。 歯科衛生士になってから、アナタは何回「辞めたい」と思いましたか? 京都府歯科医師会が2010年に実施した、「京都府下における歯科衛生士の実態調査報告」によると、歯科衛生士のうちなんと、「 65%が1〜3回の転職経験がある 」と回答しています。 仕事内容や、社会的地位の低さなど、歯科衛生士である限り解決しようのない部分に悩みを抱えているのであれば、歯科衛生士をやめて一般企業就職を検討しましょう。 歯科衛生士を辞めたい悩み理由まとめ. 歯科衛生士が抱える悩み・辛いことを少しでも解決するためにまずは主要なつらいことを4ピックアップしてみます。いじめ・仕事ができない悩み・大変さや忙しさ・そしてやりがいを感じられない辛さに関して今回は考えみましょう。