猫が毛玉を吐くのは、飼い主さんの間では良く知られていることです。ただ中には全く毛玉を吐かない子などもいます。毛玉を吐く子と吐かない子の違いはどこにあるのでしょうか?今回はそんな猫と毛玉の関係や、毛玉にまつわる「毛球症」という病気などについて紹介していきます。 5 猫の毛玉用サプリメントで毛玉対策; 6 大きい毛玉の塊ができてしまったら. 猫が食べた毛玉は吐かせた方が良い. 子猫が毛玉を吐かないと、大丈夫なのかと不安になりますよね。そもそもなぜ猫が毛玉を吐くのか知っていますか?この記事では猫が毛玉を吐く理由や猫草が必要なのかどうか、また毛玉が詰まってしまう病気の原因や対策方法について紹介します。

猫が毛玉を吐くのは、珍しい事ではありません。毛繕いによって飲み込んだ毛が体内に溜まり、それを毛玉として排出するため、吐く事は正常な事です。なので、毛玉を吐く事自体は異常でもありません。ただ、あまりに多くの頻度で吐く場合、家が汚れて困る事もありますね。 猫が毛玉を食べた後に気になってしまうのが「このまま放っておいても身体は大丈夫なのかな…」ということですよね。これはなるべく早めに吐かせるほうが良いです。 6.1 一部にできている毛玉をハサミでの取り方; 6.2 身体全体に広がる毛玉をバリカンで刈る取り方; 7 猫の身体の毛玉を動物病院やトリミングサロンで刈ってもらう場合の費用目安