4.8.1 勘定科目の省略や追加について決まりがあるようですが、教えてください。 「社会福祉法人会計基準適用上の留意事項(運用指針)」の別添3「勘定科目説明」の冒頭に記載されています。 改定後の社会福祉法人会計基準を掲載しておきます平成28年度からはこの基準に従うことになります。 【注意】 平成29年4月1日以降に開始する会計年度に係る計算関係書類の作成に適用される「平成二八年一一月一一日厚生労働省令第一六八号」については反映していません。 3 「社会福祉法人会計基準の運用上の取扱い等について」(平成23年7月27日雇児総発0727第3号、社援基発0727第1号、障障発0727第2号、老総発0727第1号厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長、社会・援護局福祉基盤課長、社会・援護局障害保健福祉 [pdfファイル/35kb]

別表1 大区分 中区分 小区分 ... [社会福祉法人春喜会勘定科目表] ①収入の部 <事業活動による収入> その他の事業収入 1.資金収支計算書勘定科目 <施設整備等による収入> TEL06-6209-7191 FAX06-6209-8145 勘定科目一覧表 顧問料不要の(@システム)の 三輪会計事務所 〒541-0051 大阪市中央区備後町2-4-6森田ビル1f 経理規程 別表1 (1 / 15 ページ) 別表1 1.資金収支計算書勘定科目 ①収入の部 <事業活動による収入> 施設介護料収入 (介護報酬収入) (介護報酬収入) 介護保険の居宅介護料で介護負担金収入(公費)をいう。(介護保険法の給付等に関

カテーテル、縫合糸、酸素、ギブス粉、レントゲンフィルム、包帯、ガーゼ、氷など1回ごとに消費する診療材料、衛生材料の費消額。 また、診療、検査、看護、給食などの医療用の器械、器具のうち、固定資産の計上基準額に満たないもの、または1年内に消費するもの。 現在、社会福祉法人の会計処理は「社会福祉法人会計基準」によって処理を行なっています。その処理を行ううえで、何回か勘定科目を参照することがあります。そういったときにパッと見ることができるエクセルのファイルがあれば良いなと思うのですが、ネット上 財務諸表の第1号の4様式、第2号の4様式は、勘定科目の小区分までを記載し、必要のない勘定科目は省略できる ものとする。また、第3号の1~4様式は、勘定科目の中区分までを記載し、必要のない中区分の勘定科目は省略できるものとする。 平成31年3月29日に社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の取扱いについての通知及び留意事項についての通知の一部が改正されました。当職通知については、平成31年4月1日より適用されますので、ご留意ください。 3.別表 勘定科目の説明(改正案) 資産・負債の部 勘定科目は、日常の会計処理において利用される会計帳簿の記録計算単位である。したがって、最終的に作成される財務諸表の表示科目と必ずしも一致するものではない。 別表1 <資金収支計算書勘定科目の説明> ※中区分の科目については、適当な科目を追加又は省略することができる。なお、必要に応じ て細分することができる。 1.収入の部 科目区分 大区分中区分説明 <経常活動による収入> 〔介護保険収入〕 法人税 主任se 法人税申告書をエクセルで作成するテンプレートです。平成28年4月1日以降に開始した事業年度等分です。収録帳票、法人税申告書、勘定科目内訳明細書、法人事業概況説明書、摘要額明細書などが作成できます。 法人税 主任se.