離婚:オーバーローン不動産の財産分与 と 雑感 2013年7月29日 YamanouchiKatsura 離婚の際には、夫婦が婚姻の共同生活中に取得・形成・維持した財産は、いわゆる「財産分与」として、夫婦で分け合うというのが通例になっています。 M弁護士 :オーバーローンの状態で、預貯金もない場合ですから、佐藤さん元ご夫婦の財産は、借金のみということですね。 住宅をご購入の際に、佐藤さんが連帯保証するとか、結婚前に貯めた自分の財産から支払いを助けたということはありましたか? そこで、このまま自分で話し合っても離婚ができないと考えたMさんは、やむを得ず、弊所に代理交渉の依頼をされました。 Mさん夫妻の自宅は、築8年程度の戸建住宅であり、時価は約2000万円、残ローンは約2500万円というオーバーローンの状態でした。 離婚をする際には親権問題と並んで財産分与の話し合いを行う必要がありますが、ローンが残っている車に関してはどのような扱いになるのでしょうか? ここでは財産分与の際のローンの残った車の名義やローンの連帯保証人の変更ができるかといった問題を解説していきます。 離婚をするとき、住宅ローンが残っていればどうすれば良いか気になりますよね。夫婦そろって住宅ローンを返済している場合や、住宅とローンで名義人が違う場合、どうしてもローンが返済できない場合など、様々なパターンと注意点を解説します。 ・車のローンが残っていても、オーバーローンで新しい車が購入できる場合がある! ・購入計画をしっかり立てていないとオーバーローンによって生活が苦しくなることも! ・オーバーローンの金額を安くするためにも、車を高額で買い取ってもらおう! 離婚するとき夫婦の二人が築いた財産は財産分与という方法で分けます。しかし、数年前に買ったばかりで多額のローンが残っている住宅やマンション、自動車などのローンは夫婦のどちらが負担するのでしょうか。注意点なども交えて、弁護士が解説していきます。

離婚後、養育費に加えて住宅ローンの支払いもあり生活できません。 夫婦の間には未成年の子どもがいて、家のローンは夫の名義。 離婚後も住宅ローンは夫が支払い続け、子どもの親権は妻が持つことになり養育費は夫が払うことで合意しているケースです。 離婚することになりました。私名義の車のローンがあるのですが夫が乗る為およそ4年間、夫が返済することになりました。その際私の通帳からの引き落としになるので別れた後も通帳とカードは夫の元に残していきます。そして4年後、完済し