霧島の種類を簡単にご紹介しています。その中でも黒霧島のおすすめな飲み方をご紹介しています。ロックやお湯割り、ジュースで割ったりと好みが分かれそうな飲み方もあります。また芋焼酎に合うおつまみも少しご紹介していますので参考になれば嬉しいです。 霧島、黒霧島、赤霧島、ゴールドラベル、茜霧島、うまいものはうまいの6本飲み比べセット 5つ星のうち4.7 15 ¥7,650 ¥7,650 (¥1,275/1商品あたりの価格)
霧島酒造から本格芋焼酎「黒霧島」のcmが放送されています。こちらのcmに出演されている女性は、女優の山崎紘菜さんです。cmの動画と女優さんについてご紹介します。

【三岳】【角玉】【玉露 黒】【黒霧島】【海童】1800瓶5本+「店長厳選 小瓶のオマケ付」合計6本 飲み比べセット 5つ星のうち5.0 1 ¥11,000 ¥11,000 (¥2,200/1商品あたりの価格) 黒霧島と赤霧島では値段が異なります。 赤霧島は黒霧島よりも高く販売されています。 霧島酒造の公式サイトによると、同じアルコール度数25度、1,800mlのもので、希望小売価格は、黒霧島は1,724円(税抜)、赤霧島は2,230円(税抜)となっています。

黒霧島への愛を大合唱! こんな風に、若い女性から歳を重ねた男性まで幅広い層から愛される黒霧島。本格焼酎は糖質もプリン体も0だから、飲むのが大好きな人たちにとっても嬉しいお酒ですよね。 ようやく自分の元にも黒霧島が運ばれてきた山崎さん。


芋焼酎の代表的銘柄といえば黒霧島だと思う方も多い方と思います。黒霧島は霧島連山の清冽な地下水「霧島裂罅水」の水を使用する霧島酒造が作る有名な芋焼酎ですが、霧島酒造の代表的な芋焼酎は 白霧島 黒霧島 茜霧島 赤霧島 虎斑霧島の5種類があります