Laravelの画面を更新するとちゃんと入力欄などが表示されているはずです。 入力フォームとボタンができた。 ただ、これだけだと"validation"ルートを定義していないので、ボタンを押しても404エラーになってしまいます。 それではルートを定義しましょう!
2020-06-05 laravel validation controller put 私はLaracastラボ、Tweetyフィードをフォローしており、壁にぶつかるまですべてがうまくいきました。 ユーザープロファイルを更新するパッチがあり、それは機能してレコードを更新しますが、検証は行いません。

viewにエラーメッセージを表示したい場合は、表示したい箇所で以下のように追加すればおけです。 このメッセージは属性とエラーメッセージを指定するだけの一次配列で、「カスタマイズ」した配列を入れてはいけません。 "foo" => "Your input was invalid! *.email の順に定義されているattribute 1 を走査し、存在すればそれを、しなければmember.1.emailをそのまま表示する。

しかし、エラーメッセージには、”validation.foo” と表示されてしまいます。カスタムバリデーションルールのエラーメッセージについても messages メソッドで指定することももちろんできますが、ここではまた別の方法で設定してみたいと思います。
Laravelのバリデーションエラーをviewで表示する方法. validation.php(日本語化したもの)にエラーメッセージを書き、そこからメッセージを取得する場合は、message()からtransヘルパを呼び出します。 'alpha_num_half' => ':attributeは半角英数字で入力してく … 」というエラーメッセージが返される。 このルールの場合、Laravelは配列の入力について、 member.1.email , member. ", // 残りのバリデーションエラーメッセージ… ", "accepted" => "The :attribute must be accepted.